甘い誘惑☆Sweetな毎日

甘すぎるLifestyle・・・こんなんでいいのかぁ~?
まぁ~いいっか(*⌒ー⌒)ノ ♪

★好きなモノ★
Doll・Blythe・山下智久・ポケモンGO!・チョコとか甘いの・映画・ドラマ・アニメ

メロンを食べると

IMG_6476
メロンを食べた後に喉がイガイガする🍈

もう何十年も生きているのに、この前気がついた(笑)
メロン大好き💕6月に連続してメロンを食べた。
その時食べてちょっとすると、喉がイガイガして胃がなんだか重い。
あれ?風邪引いたのかな?って思った。
けど症状は知らない内におさまってた。

最近またメロンを食べた🍈
あれ?またイガイガするぞ。お腹も違和感がある。

それで調べてみたらメロンにある「ククミシン」という成分のせいらしいのです。
ククミシンはタンパク質分解酵素で口の中のタンパク質が刺激されて起こるらしいです。
アレルギーとまではいかなくても、口の腫れがひどかったり、なかなか治らなかったら、治療が必要になるみたい。

メロン美味しいのに✨大量は食べられないなー💦
ってメロンって大量には食べないか(笑)

「ゴジラVS.コング」

gozilla

2D・字幕版
観たかった映画がやっと公開されたので、行ってきました

モンスター達の戦いの後、特務機関モナークが巨大怪獣の故郷の手がかりを探る中、深海からゴジラが再び現れる。
世界の危機を前にゴジラが暴れ回る原因を見いだせない人類は、キングコングを髑髏島から連れだしゴジラと対決させようとするのだった。(以上引用)

前回の「ゴジラ・キング・オブ・モンスターズ」と「髑髏島の巨神」両方からの続編になってる所がわくわく感をさらに上げてる感じがします。
予告編を見ると、ゴジラかコングかどちらが強いか!みたいな事を言ってますが、単に2頭が戦って決着をつけるみたいな事じゃないんですよね。
ゴジラ大好きの私からしたら、ゴジラは理由もなく暴れたり、攻撃したりしないのですよ。
怪獣だけど気持ちがある優しい奴なんです
思った通りちゃんとした理由がありました。
「キング・オブ・モンスターズ」でラストに持ち帰ったキングキドラの頭が関連してくるんですよねー
繋がっているのが素晴らしい(笑)

だたゴジラVS.コングなのに、主役はコングに奪われてしまった感じがします。
もともと類人猿で頭が良いので、人間と心を通わせて手話を覚えたりで、出演時間も長いです。
悲しい・・・
そりゃあ爬虫類?水の中も平気なので両生類なのか良くわからんゴジラと比べると、知能指数高いの当たり前で、ちょっと悔しいです。

ストーリー抜きにして、香港での2頭の戦いは迫力があって必見です
香港の色とりどりのネオンがキラキラしてる中で、ゴジラの光線がまた綺麗すぎるんです
青白い炎が画面いっぱい輝いて、本当に素敵
2頭が頑張ってるし素敵すぎて、興奮しちゃいます(笑)心の中でキャーキャー言ってました(笑)
映画館の大きなスクリーンで観る価値ありますね(*⌒∇⌒)

とっても面白かったです
それにしても小栗くんの使い方。。。なんだか残念でした
誰でも良かったような気がしてならないです(笑)

パンダのパン屋さんクッキー

IMG_6422
アンデルセンネットで「パンダのパン屋さん」クッキーをポチってしまった😊
ひとめぼれ💕パンダが可愛すぎる🐼

可愛いだけじゃなくて、お味も美味しい✨

まだまだおもしろくない日々が続きます。
いつまでこんなの続くんだろう?
ワクチンも打ちたくても不足で打てないし。
いい加減、感染者数を指標にして色んなの決定するのやめて欲しいなー。
大事なのは重症者数だよねー。

楽しくないとついついネットで買ってしまうよ(笑)

娘が2泊泊まりにきてる

ひとり暮らししてる娘から、突然LINEきて2泊ほど泊めてと。
新築の9階なのに、毎晩のように仕事から帰るとゴキが廊下やエントランスにウロウロしてるらしくて😵‍💫
気が休まらないらしい(笑)
部屋ではまだ見てないらしいけど💦

私もゴキは大嫌いなので、気持ちはわからないでもない。
ひとり暮らしにとって乗り越えなければならない最大の事

ちょっとホッとしたいらしい。
もう引越しの資金貯めてるみたいやー(笑)

「TENET テネット」

tenet

2020年9月公開 
クリストファー・ノーラン監督作品
主人公の課せられたミッションは時間のルールから脱出して、第3次世界大戦をくい止めるという事。
パラレルワールドを行き来してミッションをクリア出来るのでしょうか?

いやぁ~(笑)
お昼間眠いときに、最初ぼーーーと見てたら、「あれあれちゃんとした意味がわからないぞ」と言うことで
もう一度見なおしました(笑)配信で良かったー(*⌒∇⌒)
けれどこんなことは初めてです。

見なおしてみると、最初から重要な事をぶち込んでる事に気づいたり
何気ない会話にも色んな意味合いがあることが理解出来るし、楽しかったりします。
これって最初から2.3回観るようになってる、作り手の罠なのかも?って思ってしまいます。

過去へ行ってもう一度やりなおして、現在へ戻る。
しかし現在には未来から来た人も逆行して動いてるわけで、誰が誰でどんな行動を取ってるのか
訳がわからなくなってきてしまいます。
本当にややこしいです。
全ての伏線を回収はしてるのだけど、過去や未来や現在が入り交じってて、頭を使うので見終わった後は疲れてしまいますね(笑)
面白いのは面白いのだけど、もう少し簡単にして欲しかったというのが本音です。
2回くらいはみる覚悟が必要かも?です。

私としては同じ監督の「インセプション」の方が、まだわかりやすくて面白かったですね。

半分過ぎちゃいましたね

あーもう7月に入ったー
2021年もう半分過ぎてしまった💦
なんか今年もなんもしてないような。。。

ずっとご飯作ってたような。
夜8時までだと、日曜日もゆっくりご飯食べに行こうってならないから
ずっと家ご飯だし。
ご飯作るの嫌いだし、片付けもあるし、主婦だって休み欲しいし😔
ご飯作るの趣味な人が羨ましい

ワクチンの接種券やっと来たけど
ファイザーのワクチン不足で自治体の予約はしばらく中止になって
一体いつになったら打てるんだか🥲
市内でも64歳以下っていったい何十万人いると思ってるんだー

それに蒸し暑いし不快指数高すぎる
気分悪くなる😵

なんかめっちゃイライラするわー
つらー

「ザ・ドア /交差する世界」

door

2009年製作 ドイツ映画
画家のダビッドは妻マヤと娘のレオニーと暮らしていた。幸せだけどダビッドには愛人がいて、愛人と会っている時にレオニーは誤って家のプールで溺れて死んでしまった。
娘の死の後は夫婦仲は悪くなり別居、生活もボロボロになっていた。
自分にも全てに嫌気がさしていたときに、不思議なトンネルの先にドアを見つけたのだった。
ドアを開けるとそこは5年前のレオニーが死ぬ当日だった。

誰もがあの日に戻れたなら・・・そう思う時があると思います。
ふとドアを開けるとパラレルワールドが広がっていて、レオニーを死から救い出して過去を変えてみんなが幸せに・・・
というお話かと思いきや、ふとした事故のせいで、どんどん深みにはまっていってしまう。
自分だけがトンネルを抜けてやってきたのではなくて、同じ世界に同じ人間は2人もいらないということで、ラストは壮絶です
人間って・・・やっぱり怖いです。
それと子供の観察力は鋭いということ。

映像は派手さはなかったけど、お話は思ったよりもなかなか面白かったです。
とりあえずレオニーは助かったのだから、幸せになって欲しいな。

「エスケーピング・マッドハウス」

esk

2019年製作 16+指定 
「スリーピー・ホロウ」のクリスティナ・リッチ主演です。

1887年ニューヨークのブラックウェル島の女性専用の精神病院が舞台で、その病院で起こっている闇に焦点をあてて描いてます。

今では精神病院も明るくなり、心療内科と科の名前も変えたり、誰でも罹患する可能性がある心の病気として受け止められています。
病名も「精神分裂病」から「統合失調症」、「躁鬱病」から「双極性障害」と変更されたり
「パニック障害」や「鬱病」「適応障害」などは最近では理解されつつありますよね。

私は保健師・看護師なので、実習で何件かの精神病院に行ったことがあります。
もう38年くらい前の事なので、その当時は鉄格子がある閉鎖病棟もあったり、
開放病棟でも「あの患者さんとは食事中は目を合わせては駄目」と厳しく言われたり、恐怖を感じた事もありました。
壁に向かって話をしている人、ひとりで笑ってる人、徘徊している人。
けれど、どの方も結構壮絶な生い立ちがあって
「あーこんな事されたら心が潰れてしまうのは仕方ないのかもしれない」と思った事を思い出しました。

まぁこの映画はもっとずっと前のお話なので、病院自体が患者に対する酷い仕打ちをしています。
映画は実話を元に描いていて、この事を境に精神病院のあり方や治療の仕方が変わったそうです。
本当に病院でこんな事が行われていたと思うと、恐怖でしかないです。

「蜘蛛の巣を払う女」

kumo

2019年1月公開 PG-12指定 
「ドラゴン・タトゥーの女」の続編なのですが、正式な続編ではなくて4作目なのです。
本当はロシア映画の「ミレニアム」で3部作になっていて、「ドラゴン・タトゥーの女」「火と戯れる女」「眠れる女と狂卓の騎士」なのです。
2012年に新しく「ドラゴン・タトゥーの女」を公開して、2作目・3作目と作る予定が、1作目の興行収入が振るわなかったことと、主演の2人のスケジュールが合わなくて降板してしまったことで叶わなかったみたいです。
そして主演2人とも代わり、3部作とは関係ない「蜘蛛の巣を払う女」を製作して公開する事になったみたいです。
ちゃんとした3部作が観たかったのが本音ですね。

ストーリーは特殊な記憶能力を持つハッカーリスベットの過去が絡んだお話です。
異常な父親と姉妹の確執みたいなもので、ラストはなんだかちょっと悲しくなってしまいました。
姉妹それぞれに悲しい想いと、現在に至るまでの辛い過程があったのだと思うと切なくなってしまいます。

前回のリスベットとミカエルの印象が強烈すぎてどうかなと思ったけど、今回もとても面白いお話でした。
しかし天才ハッカーとはいえ、何でもいとも簡単にセキュリティーを突破してしまう。
そんなに簡単だったら、安心安全に暮らせないわ(笑)本当にこんなに簡単なのかな?

それにリスベットは背中の傷も接着剤で閉じようとしたり、ホッチキスで閉じたり
それは痛いよ無理だよって、抗生物質飲まないと化膿しちゃうよって突っ込んでしまいました(笑)
喧嘩も強いし、やっぱり強靱なリスベットでした(*⌒∇⌒)
アクションシーンも良かったです。

前作と同様にオープニングの画像が格好良かったヾ(^-^*)

届きました!!

IMG_6349
待ってました!「club9」の会員証と会報第1号が届きました😊
いや〜素敵💕ありがとうございます

今までのと違って、サイズは大きいし
写真いっぱいだし、読み応えもあるし
ライブのパンフレットみたい✨

やっぱり山Pはカッコ良過ぎます💕

これからどんな企画とかが待ってるのか
ワクワク感がとまらない(笑)

まずライブができるようになればいいな💕

これからも楽しみです

#山下智久
#club9


最新コメント
Blogリスト
アーカイブ
  • ライブドアブログ